2005年08月25日

ソフトの話 第二段 ゼルダの伝説(64)

今日もソフトの話を書こうと思います。
ありきたりなソフトで申し訳ないんですが今日はゼルダの伝説です。
特におすすめしたいのがNINTENDO64のゼルダの伝説です。
たぶんサブタイトルは時のオカリナだったと思います。
このソフトが出た当時は3Dゲームも結構普及していて
あたりまえのようにポリゴンをばりばり使うようになった時代です。
そんな中任天堂が64のキラーソフトとして出したソフトだと思います。
ただ64自体のソフトの本数が少なく、またDQ、FFのPSでの発売の影響などもあって
結局NINTENDO64はあんまり普及はしなかったんですが
このソフトはすごくおもしろかったです。
グラフィック、ストーリー、操作性、音楽すべてにおいてすばらしいとしか言いようが
ありませんでした。
絶妙な難しさの謎解きといい、ファンタジーな世界といい今思い出しても
もう一度やりたいなと思わせる内容です。
このソフトをプレイして本当に64を持ってて良かったなと思えると思いました。(当時)
ぜひやったことが無い人は今から近くの中古ゲームショップに行ってみてください。
安い値段で売ってると思います。
とにかくおすすめです。
続きを読む
posted by ヴァーチャルギア at 21:04| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

たまにはソフトの話でも・・風来のシレン

ずーとハードの話ばかりだったので今日は好きなソフトの話をしようと思います。
第一回目は風来のシレンです。
これはチュンソフトから発売されたソフトです。
いわゆる不思議のダンジョンシリーズの代表作ですね。
これが発売される前にトルネコの大冒険が発売されましたが
風来のシレンのほうが完成度が高く僕は大好きです。
さてこのソフトのおもしろいところは中毒性があるところだと思います。
普通のRPGとは違いダンジョンをアイテムをとりながら下の階に下っていく。
モンスターと戦いながら自分自身の強さを上げていき強い武器を手に入れる。
それの繰り返しでどんどん地下へ降りていくゲームです。
ただしもし死んだらアウト。いままで手に入れたアイテム、レベルは最初の初期値に戻ります。
これがこのゲームのいいところです。
たとえ主人公の強さはリセットされても自分が覚えた知識や戦術はリセットされない。
死んでもまたやってやるという気持ちになったもんです。
まだやったことが無い人はぜひどうぞ。
本当におすすめの一本だと思います。

続きを読む
posted by ヴァーチャルギア at 23:08| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。